トップ / 学校の先生の情熱とは

バリアフリー

学校の先生もレベルがあります

学校では先生に教えてもらうのが当たり前ですが、知識や指導力にも差があるので、生徒は困ってしまいます。昔に比べて先生の学力レベルが下がっていることも否定できません。今は昔よりも就職先は豊富にありますので、能力の高い人は他の仕事をする場合もありますので、仕方がないことでもあります。知識は低いかもしれませんが、情熱を持った、生徒と学校のことを親身になって考えてくれる教師も多くいます。定時まで無難に過ごして帰宅するだけの、サラリーマン教師もいますが、それは今だけの問題ではなく、数十年前にも大勢いました。

先生からたくさん学ぶ

学校では、授業以外にもたくさんのことを学ぶことができます。例えば先生からは、授業以外にもたくさんのことを学ぶことができるでしょう。これまで、いろんな生徒を見てきてたくさんの悩みを聞いてその問題に寄り添ってきましたので、経験がとても豊富でしょう。自分が抱えている問題や悩みを打ち明けるなら、親身になって相談にのってくれるでしょう。学校で先生から学んだことは、卒業しても忘れられない大切な思い出になりますし、アドバイスがその後の人生にも役立つこともあります。ぜひたくさんのことを学生のうちに学びましょう。

↑PAGE TOP