トップ / 学校の給食費について

バリアフリー

学校給食費を滞納した場合

公立の学校に通っていると、中学までは給食があります。たまには自分の嫌いなメニューもあるでしょう、美味しくて栄養を考えられた献立ですので、育ち盛りの生徒には大切な食事です。給食費の滞納が多くなってからは、予算の関係ですべての生徒に不利益があったりして大変です。品数が一品減ったり、食パンの枚数が減ったり、フルーツが半分になったりということが実際におきています。滞納以外でも消費税のアップでも財政面が困窮しています。学校に関係することは無税にしたり、全て国費で賄うなどしないと親の負担が増えるばかりです。

アレルギーの生徒と給食

学校の給食や栄養面と味を考えて献立を作っています。好き嫌いは別にして、大多数の生徒は成長に必要な栄養を、給食から取ることができます。昔に比べてアレルギーを持つ子供が増えてきました。理由は様々ですが、アレルギーによって食べられない食材がありますので、学校側も苦慮しています。そんな生徒はお弁当を持ってくる人もいますし、別メニューの献立を作ってあげているところもあります。アレルギー反応がひどいと命にかかわることもありますので、子供のわがままだなどとは思ってはいけません。大人にも多い、現代病がアレルギーです。

↑PAGE TOP