トップ / 日本語学校で日本を知る

バリアフリー

国際化に貢献できる日本語学校

日本語学校は、日本語を母国語としない方を主な対象として、日本語の会話や読解、作文などを教える学校です。一般的に外国語をきちんと学ぶためには学校に通う必要があります。その中でも特に日本語は、諸外国で用いられている言語と比べると、特に話し言葉においては文法的に柔軟な点が多く、また敬語など、TPOや相手によって話し方が異なるなどの特徴を有しています。正しい日本語を学ぶことは、日本人とのコミュニケーションをとることや日本の文化を知るために有効な手段です。日本語学校は、日本語教育によって国際化に貢献しているのです。

↑PAGE TOP